IR活動方針

当社は、株主や投資家をはじめとする全てのステークホルダーの皆さまに対して、金融商品取引法やその他の法令、東京証券取引所が定める「上場有価証券の発行者の会社情報の適時開示等に関する規則」(以下、「適時開示規則」)等に基づき、正確、公平かつタイムリーな情報開示を行うことをIRの基本方針としています。また、これらに該当しない情報であっても、当社を理解していただくに当たって重要と思われる情報についても積極的に開示していく方針です。

情報開示の方法

適時開示規則において定められた情報の開示は、東京証券取引所が提供する適時開示情報伝達システム(TDnet)にて公開しており、原則として、当社IRサイトにも速やかに掲載します。また、適時開示規則に該当しない情報であっても、重要と思われる情報については、IRサイト等を通じて、積極的に開示します。

沈黙期間

当社は決算情報の漏えいを防ぎ、情報開示の公平性を確保する観点から、決算(四半期決算)期末日の翌日から各決算発表日までをIR活動の沈黙期間として設定しています。この期間中は、決算・業績見通しに関する質問への回答やコメントを差し控えることとしています。ただし、当該期間中であっても、投資家の皆さまの投資判断に重要な影響を与えると判断した重要事実が発生した場合や、諸法令や適時開示規則に基づき開示が必要とされた場合は、適時適切な情報開示を行います。