営業DXサービス「Sansan」

「営業を強くするデータベース」をコンセプトに、クラウド型の営業DXサービス「Sansan」を法人向けに展開しています。

営業を強くするデータベース

主な機能

「Sansan」は、企業に関するさまざまな情報が閲覧できる企業データベースを標準搭載し、あらゆる顧客との接点から得られる情報を蓄積した接点データベースと組み合わせて、利用企業ならではのデータベースを構築し、組織や個人の営業力を強化します。

利用企業ならではのデータベース

* Salesforceは、salesforce.com,Inc.の登録商標です

**Microsoft Teams、Teams、Microsoft Outlookは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。

「Sansan」は、企業のさまざまな情報が閲覧できる企業データベースを標準搭載し、業種や従業員規模、売上高、役職者情報といった情報を確認することができます。また、オフライン・オンラインを問わず、名刺交換やメールのやりとり、商談履歴といった顧客とのあらゆる接点から得られる接点情報を当社のAIテクノロジーや入力オペレーション等を通じて正確にデータ化し、接点データベースとして蓄積・可視化します。この接点データベースの情報と企業データベースを組み合わせ、接点がある企業のみならず、接点のない企業の情報も含めた利用企業ならではのデータベースを「Sansan」上に構築することができます。さらに、CRMやマーケティングオートメーションツール等の外部システムとの連携・統合により、データベースをマーケティングに活用する等、データ活用のシーンを拡大します。加えて、企業の組織改編や人事異動情報の変化を把握し、データベースを最新の状態に保つほか、最新の企業ニュースを通知する機能を備えています。

ビジネスモデル

全社で利用するプランを基本プランとして提供しています。

プラン

ユーザー企業の企業規模や利用用途に応じて算出されるライセンス費用に、スキャナレンタル料等が加算されたものが月額利用料となります。また、サービス導入時には、紙で保管している大量の名刺のデータ化や導入支援等の付加サービスを有料で提供しています。

 

 

 

 

クラウド請求書受領サービス「Bill One」

「請求書受領から、月次決算を加速する」をコンセプトに、クラウド型の請求書受領サービス「Bill One」を法人向けに展開しています。

クラウド請求書受領サービス「Bill One」

主な機能

「Bill One」は、多数の拠点や部門に、紙やPDFといったさまざまな形式で届く全ての請求書を、オンライン上で受領可能にし、会社全体における請求書関連業務の効率化を促進することで経営の意思決定スピード向上を支援するDXサービスです。紙の請求書は、「Bill One」のスキャン代⾏センターが代理で受領し、短時間で99.9%の精度でデータ化します。また、PDF等の請求書は、メール等で「Bill One」が受領した後に、同じくデータ化します。データ化された請求書はクラウド上で閲覧できるほか、請求書の確認や承認作業等の各種業務フローもクラウド上で完結可能となることから、月次決算業務の早期化に貢献します。さらに、請求書情報は検索性の高いデータベースで一元管理されることから、データを活用したコストコントロールや営業機会の創出、将来的な収益機会の最大化等にもつなげることができます。そのほか、会計システム等の他社サービスと連携してデータを活用することが可能です。

Bill Oneの主な機能

ビジネスモデル

「Bill One」の利用料金は、専用コンサルタントによる導入支援等が含まれる初期費用とユーザー企業においてデータ化される請求書の枚数を基に算出される月額費用で構成されています。なお、従業員数が100名以下の法人向けには、中小企業のリモートワーク導入を推進する目的で、一定の条件を設定した上で、初期費用と月額費用が無料のスモールビジネスプランを提供しています。

 

 

キャリアプロフィール「Eight」

「名刺管理に、転職に」をコンセプトに、キャリアプロフィール「Eight」を提供しています。

Eight

主な機能

「Eight」は、名刺のスキャンを通じて、ユーザー自身のキャリアプロフィールを自動作成する機能や、人脈を管理する機能を備えており、300万人以上のビジネスパーソンが利用するアプリとして展開しています。

Eightの概要

まず、ユーザーは自分の名刺をスキャンすることで、正確な所属や肩書き等が反映された自身のページが「Eight」上に作成され、職歴や学歴等の名刺には記載の無い情報を追加することでオリジナルのプロフィールを作成することができます。次に、名刺交換した相手の名刺をスキャンするだけで名刺情報が正確にデータ化され、クラウド上で簡単に自身の人脈を管理・検索することが可能となります。また、「Eight」上でつながった相手の名刺に変更があった場合には、通知を受け取れるほか、フィード上への投稿機能の活用によって、相手の近況情報を取得することが可能となります。加えて、自分磨きに役立つ情報やこれまで知り得なかった企業の情報、求人情報等のキャリア形成に役立つ情報を、「Eight」上で効率的に収集することができます。さらに、転職に対する意向を示す転職意向度を設定することで、企業案内や採用のスカウトを受け取ることが可能となります。

ビジネスモデル

「Eight」は、BtoBサービス(企業向け有料プラン)とBtoCサービス(個人向け有料プラン)を提供しています。

Eightのビジネスモデル

* Eight事業のBtoBサービスには、ログミー株式会社が提供するメディア「logmi Biz」「logmi Finance」「logmi Tech」のイベント書き起こしサービスを別途含む

**採用決定時に追加料金あり
*** 最低出稿価格あり、そのほか純広告メニューもあり
****開催形態等に応じて、複数の料金設定あり