コーポレート・ガバナンスの基本的な考え方

当社は、持続的な企業価値の最大化と社会への貢献を実現し、全てのステークホルダーから継続的な信頼を得ることが重要であると認識しています。当該認識の下、取締役による監督機能を強化することで、コーポレート・ガバナンスの一層の充実を図り、経営の健全性と透明性を更に向上させることを目的として、当社は監査等委員会設置会社制度を採用しています。監査等委員会の設置により、経営の意思決定と業務執行の監理監督において透明性を確保するとともに、取締役会において定めた「内部統制システムに関する基本方針」に基づいて内部統制システムを構築し運用の徹底を図り、コーポレート・ガバナンスの維持・強化に努めています。

コーポレートガバナンス報告書

コーポレートガバナンスに関する報告書を掲載しています。

贈収賄リスクへの対応

当社グループでは、贈収賄防止に関する基本方針及び具体的行動指針を定めています。

反社会的勢力への対応

当社グループでは、反社会的勢力に対する基本方針を定めています。